Natural Aging log

若々しく自分らしくエイジングするための運動と栄養とライフスタイルについて、パーソナルトレーナーが発信していきます。

スキンケアの極意

先日、モデルからTVCMなど芸能活動されていた方で、今はエステティシャン

そういう一線で活躍され続けてる女性からスキンケアの極意を習ってきました。

 

正直なところ男性なので、基礎的なスキンケアを毎日しているだけで

「十分でしょ。」

「むしろすごいでしょ」くらいに思ってました。

でも今回、全然足りてなかったのがわかりましたね。

実際その講演以来、肌の調子が全然違います。

お肌が柔らかい!白い!毛穴が目立たない!!スゴイ!

 

みなさんは何種類のスキンケアをされてますか?

・クレンジング(×2)

洗顔

・化粧水

・美容液

・乳液

・クリーム

この6点セット。メイクしてる場合は、クレンジングがプラスされて7点。

これが基準。

 

でもひとつひとつの意味がわかってなかったりすると省いてしまったり、

オールインみたいなの使ってしまったりしますよね。

今回はその意味を腑に落としてもらった感じでした。

 

まず一番大事なのは、美容液。ここに肌をよくする成分が一番入っている。

その美容液をしっかり肌の奥に浸透させるための前座と、

入った美容液をしっかり閉じ込めて、機能させるカバーの役割。

 

まずバリア機能のある肌を突破して水分を入れていくというのが通常困難なこと。

それをやるには表面に溜まった油分を取らないといけない。

しかも毛穴に溜まった酸化して黒くなってしまった油まで取らないと。

これが黒ずみや毛穴が広がる原因だったのか!!

男性でもクレンジングが必要だとは聞いていたけど、完全にスルーしてて、

洗顔からしかしていなかった。

 

しかもクレンジングは、ソフトにほとんど摩擦をかけないように

くるくるくるくる、10分

10分も!?って思ったんですが、実際やってみると

5分くらいしてきたころからザラザラ。

これが今まで溜まった汚れか!?と驚愕。。

 

洗顔はよごれを落とすものだと思っていたんですが、どちらかというと

よごれはクレンジングで落として、残った油分などを落とすのが洗顔なのか。

いくらいい洗顔を使ってても落としきれないものがこんなにあったのかという印象です。

 

さらに洗顔はかなり細かく泡立てるのが必須。

そしてここでも摩擦をかけず、泡だけ触れている状態で洗う。

摩擦がかかるからお肌が乾燥するんだそうです。なるほど!

泡立てずに手になじませてゴシゴシなんて、もってのほかなんだと。

 

f:id:kubota-yuki:20181113214015j:plain 

美容液を肌の奥の層までしっかり届けるのかがポイントなんですが、

手前の細胞が乾燥しているとそこが潤って終わりなので、

しっかりと化粧水で潤しておくのが大切。

よごれが落ちきっていると化粧水の入り方が全然違います。

 

化粧水は手でなく、しっかりコットンを使ってパッティング、10分

ここも10分しっかりと。

(※コットンも摩擦がない素材のいいものを使いましょう)

ちょっとほっておいてもまだ潤ってるくらいが基準だそう。

はじめのうちは入る入る、どんどん入る。いつ終わるの?って感じ。

毎日やっているとだんだんと短い時間になってくるそう。

 

ここまでやって美容液がお肌の奥で仕事してくれるんですね!

保湿、ハリ、透明感、澄み肌などの理想の状態に近づけてくれる。

 

あとは乳液、クリーム。

今までしっかり浸透せさた美容成分をクリームで

しっかりとカバーしてあげないといけない。

ただ美容成分は水分、クリームは油分。

ここは混ざることはないので、しっかりと定着させるために

水と油を混ぜて乳化させた乳液が必要。

それでこそ今まで入れた水分とクリームの油分がまとまってくれる。

 

 

オイリー肌だからとか、

なんかベタつくからクリームはやめておこうとか、

そういうのは聞くし、わかる気もしてたけど、

それは乾燥した結果、守るために自ら毛穴から油分を出すんだそう。

ということは根本は乾燥から来ているのか!

なんか逆な気がしていたけど、大事なのは保湿。

 

よごれをこすらずにしっかり落として、保湿するために化粧水や美容液を入れて

それを乾いていかないようにしっかりカバーする。

そのために必須なのが、乳液をクリームか!

 

ということでスキンケアの概念が変わったのと同時に、理解しました。

早速聞いたその日から実践して、変化した肌を見ながらさらに実感。

わかるとできますね。

わかってないとどうしてもめんどくささが表に出てきてしまいますけど。

 

ということで、感動のスキンケア講習でした。

体も正直ですが、その表面のお肌も正直ですね。

ちゃんとやったら、ちゃんと効果が出る。

あとはプロに聞くとわかりやすい!

スキンケアは10歳から必要ということだそうです。

歯磨きの方法を習うように、スキンケアも必要なんじゃないでしょうか。

栄養や姿勢もだと思いますけど。

もっともっと大切なことが広まればいいなと思います。

 

f:id:kubota-yuki:20150323141407g:plain

フルオーダーメイドの身体メンテナンス空間
加圧パーソナルトレーニングスタジオ
小顔美容矯正サロン


グランフロント大阪 北館6階

桜十字グランフロント大阪クリニック内

レーニングスペース


MAIL info@rooms-s.com
TEL 090-6067-5514