Natural Aging log

若々しく自分らしくエイジングするための運動と栄養とライフスタイルについて、パーソナルトレーナーが発信していきます。

キレイな立ち方座り方は美脚を作る〜失敗しないダイエット34日目〜

パーソナルトレーナーの窪田侑記です。

”失敗しないダイエットのヒケツ37”
34日目は、34/37「キレイな立ち方座り方は美脚を作る」です。

 

立ち方、歩き方を体の使い方について、考えてきましたが次の基本の動きは、「座る(
しゃがむ)、立つ」です。
1日に結構な回数、立って座ってを繰り返していると思います。ほとんどが無意識だと思います。
その動きは実はスクワットなんです。
 

f:id:kubota-yuki:20150617191943j:plain

スクワットとは?

スクワットというトレーニング名を聞くと、どんなイメージでしょうか?
ジムでムキムキな人が重そうな重りを持ってやってるイメージ?
アスリートが体作りのために鍛えているイメージ?
最近では、女性のキレイな後ろ姿を作るトレーニングとして、こんなチャレンジも少し話題になってましたね。
 

アメリカで大流行した“30日スクワットチャレンジとは?”

spotlight-media.jp

 

実はスクワットはしゃがんで立つという非常に単純な動作なんですが、動きを細かく考察していくと奥が深い動きなんです。
ただ適当なフォームでやってしまうと、やらないほうがいいんじゃないかというような逆効果なトレーニングになることも多いです。
普段自分が「座って立って」という動きは、ちゃんとキレイにできていますか?むしろやらないほうがいいフォームで、無意識に日常生活で行ってるんじゃないでしょうか?
そうすると日常生活で変なクセがついてしまっているかもしれません。
 
 
スクワットは、主に下半身のトレーニングなんですが、大腿部や臀部(ふとももやおしり)を鍛えるためだけの動きではありません。下半身の重要な関節の足首・膝・股関節がスムーズに動かなければ、ぎこちない動きになり、偏った筋肉の使われ方になります。この姿勢が乱れてしまうと、O脚やX脚、骨盤にも影響しますし、ボディラインが崩れる原因になっています。
ということは逆にしゃがんで立つというスクワット動作がキレイにできると、ボディラインもキレイになってくるということです。
ですが日々指導していて、なかなかはじめはキレイにできない人が多いなというのが印象です。
トレーニングの中では一番難しいフォームかもしれません。
このスクワットがキレイにできると下半身全体をバランスよく刺激できるので、ダイエットにも効果が期待できます。
 
f:id:kubota-yuki:20150617191829j:plain
 
スクワットにはしゃがみ具合や、足の開き方によってやり方はいろいろとありますが、大事なポイントは関節をしっかり使えているかです。
スクワットの動きを見るとその人のクセが出やすかったりもするので、よくチェックなどで使ったりもします。重心の位置もわかりやすいので、自分のバランスもわかるようになります。
 
足首
足首を緩めて、曲げていく方向をつま先の方向に決めていきます。
ここがずれてくると、その上はどんどんずれてきます。
ひざの向きが、内側にはいって曲がってしまったり、外側に開いていたりしてしまうことが多いです。まっすぐつま先の向きに、あるべき方向に曲がっていけるかがポイントです。
股関節
ここが一番意識しずらく、重要なポイントになるかもしれません。
骨盤の傾きを正しくし、体幹から足裏までつなげていけるかが大事です。
足の幅やしゃがむ位置などで動きも変わってくると、股関節の動き方も変わってきます。うまく動かせるように再教育していくと、使われる筋肉も変わってきますし、日常生活での動きもスムーズになります。例えば階段の昇り降りとかでも、股関節の動きが関わってきます。
 
f:id:kubota-yuki:20150617191744j:plain
 
はじめはそこまですべて意識するのは難しいかもしれません。
ですが、重心の位置や使えていない筋肉・関節の調整をしていくことで、苦手な動きを少しづつ改善していくと、とてもスムーズに、しかも楽にしゃがんで立ってという動きができるようになります。
うまく身体が使えて、しかもスタイルが整い、楽になる。とてもいいことばかりだと思います。
ぜひスムーズにスクワットができるようにチャレンジしてみてください。
 

f:id:kubota-yuki:20150323141407g:plain

フルオーダーメイドの身体メンテナンス空間
加圧パーソナルトレーニングスタジオ
小顔美容矯正サロン

大阪府大阪市北区豊崎3-17-3ー605

御堂筋線 中津駅 徒歩2分、阪急梅田駅 徒歩7分、JR大阪駅 徒歩10分
※近くにコインパーキング有

MAIL info@rooms-s.com
TEL 090-6067-5514